【 絶対に失敗しない 】メンズ腕時計選びの注意点【 カジュアル用 】

カジュアル メンズ 腕時計

こんにちは。

今回はカジュアル用に購入すべき1本はどのような物がいいのかを記事にいたします。

今回は、前回お伝えしたビジネスでの選び方に加えて、カジュアル場面での選び方をご紹介いたします。

ルールを守っていれば、基本的に外れることはありません。

簡単です。では行きましょう。

目次

シンプルめが吉

シンプル カジュアル メンズ 腕時計

これからカジュアル・プライベート用の時計を新たに買うなら、なるべくシンプルなデザインの物が良いです。

奇抜なデザインは難易度が高いです。上級者向けです。

例えば、おしゃれ初心者がいきなりスカジャンを買ってもコーデに困るのと同じです。

おススメは、別の記事でご紹介いたします。

おすすめはアナログ表示

カジュアル メンズ 腕時計

「アナログ表示」とは文字盤があり、長針短針などが付いているタイプです。

反対に「デジタル表示」はGショックを思い浮かべてもらえれば、ほぼそれです。

ちなみにビジネス編ではこのように書きました。

デジタル表示=カジュアル プライベート用

アナログ表示=きれいめ オンオフ両方

デジタル時計はカジュアル用です。

ただし場面が限定されます。

カジュアルシーンでもテーラードジャケットなど、キレイめなコーディネートをすると思います。

ジャケットの袖口からデジタル時計をのぞかせていたら、女性はどう思うでしょうか。

カジュアルには子供っぽいイメージがあります。

カジュアル≒子供っぽい≒デジタル表示

という図式です。

もちろんガチガチのアメカジコーデには合うと思いますし、上級者があえて「外し」としてデジタル時計をするのは相当格好いいです。

ただし「1本目」で考えるなら、無難にアナログ表示の時計がいいでしょう。

文字盤の色は白か黒

カジュアル メンズ 腕時計

文字盤の色ですが、これは白か黒にしてください。

ケースの色も黒にして「黒x黒」で統一するとよりモノトーンが協調されますが、夏だと暑そうに見えるので注意が必要です。

夏は涼しげに白の文字盤をおすすめします。

できれば夏とそれ以外で分けたいところですが、

1本買うとしたら、通年で考えるなら黒がおすすめです。

なぜなら夏以外は黒がおすすめですし、

夏でも素材感次第なので問題ありません。

要するに、赤や黄色などの派手な色は避けて無難にモノトーンでまとめてください。

という意味です。

ベルトの種類は季節に応じて

結論から申し上げます。何でもいいです。

これでは身も蓋も無いので根拠をご説明いたします。

腕時計のベルト。ラバー、ステンレス、革、ナイロンなどいろいろな種類のベルトがありますが、

「この季節はこれ!」というものは特にありません。

ただし周りから見て「寒そう」とか「暑そう」とかいうイメージを持たれるので

ある程度のTPOは必要です。

おススメはこちらになります。

  • 夏はラバーベルト
  • 冬は革ベルト
  • オールシーズンを狙うならステンレスベルト

大雑把に説明しますと、半そでの季節はラバー系、長袖の季節は革系、ステンレスベルトはオールシーズンです。

腕時計にも季節感がありますので、それに応じて使い分ける必要があります。

靴を例に出すとこうなります。

  • 冬はブーツ
  • 夏はサンダル

夏にブーツは暑そうですよね。

ファッションは自由です。

ただし、他人にどう思われるか、どう思われたたいか、と言うのはある程度意識するべきで、腕時計にも通じるものがあります。

他人に不快感を与えるファッションは忌避するべきで、これは腕時計にも共通します。

腕時計の場合はこうなります。

  • 冬はレザー
  • 夏はラバー

のように素材を変えてみるのがいいです。

38度の真夏に頑張って革ベルトの時計をしている人を見ると「暑そうだな」と思いますよね。

靴にたとえると真夏にブーツを履くようなものですね。個人の自由ですが、暑そうに見えます。

付け加えておくと、夏に革ベルトをすると、汗でベルトが痛む原因になります。

あとベルトが汗で猛烈に臭くなります。

まとめ

今までの説明をまとめると、こうなります。

  • シンプル
  • アナログ表示
  • 文字盤は白か黒
  • ベルトはなるべくシーズンに合わせて

この4点を守ればカジュアル・プライベートシーンでの腕時計選びに苦労はしないはず。

これらを踏まえて、お手頃なおすすめの時計なども紹介できたらと思います。

ではまたよろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる