フォッシルのスマートウォッチがオシャレでビジネスにも使えるワケ

フォッシルスマートウォッチ

ビジネスの場面でもスマートウォッチを使いたいですよね。

ビジネスでスマートウォッチつけてもいいかな。

ビジネスでもスマートウォッチつけたい。

こちらのような悩みがあると思います。

どうしてフォッシルのスマートウォッチがビジネスに向ているのかを解説いたします。

目次

ビジネスでスマートウォッチを使っても大丈夫か

ビジネスの場面でスマートウォッチを着けていても大丈夫です。

ビジネスの場面で腕時計は必要アイテムですよね。

腕時計にはアナログのクオーツ時計から高額な機械式腕時計までさまざまな種類があります。

スマートウォッチも腕時計の一種です。

赤や黄色などのカジュアルな色合いのバンドを組み合わせない限りは問題ありません。

スマートウォッチのメリット①時間が精確

スマートウォッチの時間は精確です。

スマートウォッチと連動させて使用する事になります。

電波時計並みに精確です。

スマートウォッチのメリット②通知や着信を逃さない

スマートウォッチでは通知や着信を逃しません。

スマートフォンはマナーモードにしていますよね?

多くの方がスマートフォンをマナーモードにしていると思います。

実際、スマートフォンの着信音はあまり聞きません。

マナーモードのデメリットとして通知や着信を逃してしまう事があります。

スマートウォッチなら腕元で振動して通知してくれます。

もう見逃す事はありませんね。

スマートウォッチのメリット③財布代わりになる

スマートウォッチは財布代わりになります。

スマートウォッチには電子マネー機能が付いている物があります。

設定をするだけで時計経由でお買い物が出来るのです。

財布はおろかスマートフォンすら取り出す必要がありません。

顔認証が不要

スマートフォンフォンのロックを解除するとき、顔認証が必要な場合が多いですよね。

スマートウォッチは不要です。

マスクを外す必要がありません。

すぐに支払が出来ます。

今の時代にうってつけだね!

スマートウォッチを買うための予算はどれくらい?

スマートウォッチは3万円程度の予算あれば大丈夫です

最新のアップルウォッチで6万円ほどで購入できます。

アップルウォッチの廉価版だと3万円を切る価格帯です。

また他のandroid系端末もおおむね3万円台となっています。

3万円あれば、そこそこのスマートウォッチは購入できます。

スマートウォッチの位置づけから見た相場観

スマートウォッチの扱いですが、人によってさまざまだと思います。

腕時計として考える方もいれば、ガジェットとして考える方もいるでしょう。

ガジェットとして考えるなら

「スマホの子機を買う」

腕時計として考えるなら

「機械式時計を買う」

ような感覚で良いと思います。

「スマホの子機」として扱うなら

スマートウォッチを「スマホの子機」として扱うなら、

スマホの端末代金より安くあるべきですよね。

スマホの代金はものによりますが、8万円前後でしょう。

「スマホの子機」は半額の予算として4~3万円程度が妥当でしょう。

「腕時計」の代わりとして扱うなら

腕時計として考える場合は、

「機械式腕時計」

の代わりとして考えるとスムーズかもしれません。

・デリケート

・毎日充電が必要

…手入れもなんとなく似ていますよね。

同じ「機械」だしね!

安いスマートウォッチはダメなのか

一言にスマートウォッチと言っても安いものから高いものまでさまざまな種類があります。

安いものだと数千円からの廉価なスマートウォッチがありますが、

安物だけにすぐ故障します。

購入して3日で故障したという例もあります。

スマートウォッチに技適マークはついているか


また日本国内で使用するにあたっての条件である

「技適マーク」を取得していない可能性すらあります。

「技適マーク」は日本国内で電波を発する物に表示させる必要があり、

「技適マーク」のついていない物を日本国内で利用すると「電波法違反」になります。

一般に使用する無線機の殆どに特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)が付いています。技適マークが付いていない無線機は、「免許を受けられない/違法になる」恐れがありますので無線機を購入・使用する際は十分ご注意下さい。

引用 総務省 電波利用ホームページ https://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/giteki_mark/

一部の無線機を除いて、技適マークが付いていない無線機を使用すると、電波法違反になる恐れがあります。また、技適マークが付いていても無線局を開設するためには総務大臣の免許を受けなければならない無線機(アマチュア無線、パーソナル無線など)がありますので、使用には十分ご注意下さい。(免許を受けずに無線局を開設若しくは運用した場合は電波法違反となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象となります。また、公共性の高い無線局に妨害を与えた場合は、5年以下の懲役又は250万円以下の罰金の対象となります。)

引用 総務省 電波利用ホームページ https://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/giteki_mark/

罰金の額がすごいね。。。

フォッシルのスマートウォッチがおすすめ

ビジネスマンにはフォッシルのスマートウォッチがおすすめです。

フォッシルのスマートウォッチがおすすめな理由①デザイン

フォッシルのスマートウォッチはデザインが優れています。

スマートウォッチと言えばアップルやギャラクシーが有名ですよね。

実は時計メーカーが作ったスマートウォッチと言うのまだ少ないのです。

その中で、数万円レベルで唯一と言える「時計ブランドのスマートウォッチ」がフォッシルのスマートウォッチです。

デザインは腕時計をベースに、液晶画面を採用したモデルとアナログ時計風のモデルがあります。

フォッシルが手掛けているだけに、両方ともデザインは優れています。

時計メーカーのスマートウォッチなら安心だね。

フォッシルのスマートウォッチがおすすめな理由①機能性

フォッシルのスマートウォッチは時間が精確です。

時刻はスマートフォンと連動するので、クオーツ時計よりも時間が精確です。

通知機能が豊富

もはやスマートウォッチに定番の機能ですが、

メールやLINEの通知機能があります。

iphoneと連携可能

フォッシルのスマートウォッチはiphoneとの連携が可能です。

フォッシルのスマートウォッチはGoogleのWearOSと搭載しているのでAndroid端末との連携はもちろん可能です。

またiphoneとの連携も当然可能です。

文字盤の変更が可能

フォッシルのスマートウォッチは文字盤の変更が可能です。

シンプルなデザインからクラシカルなデザインまで様々な物が用意されています。

気分に合わせて変更できますね。

まとめ

フォッシルのスマートウォッチは時計メーカーが作ったスマートウォッチだけあって、

ビジネスでも使えるデザインですね。

ビジネス利用にあたり申し分無い機能も備えています。

価格は2万円台です。

安い腕時計を買う感覚でカジュアルに買えますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる