未経験からWebライターの始め方を解説します【在宅でコツコツ仕事できます】

パソコン仕事
  • サクッと自宅で副業をしたい
  • 資格とかないけど副業で稼ぎたい
  • ずばりWebライターに興味がある

こちらの方にはこの記事がおすすめです。

ずばりWebライターは誰でもなれます。

Webライターになれば、仕事終わりや休日に自宅で稼ぐことができます。

ただし、いくつかの手順を踏む必要があります。

こちらの記事を読めばWebライターのなり方やWebライターに必要な物が分かります。

ひろし

Webライターになりたいんじゃーー

わい

Webライターは誰でもなれます!
詳しくは、この記事を読み進めてください!

この記事で分かること

・Webライターのなり方

・Webライターに必要な物

この記事は5分で読めます。
Webライターに興味がある方はぜひ読んでください!

目次

Webライターってなに?

question

Webライターとは、簡単に言うとクライアント(お客様)から執筆のお仕事をいただいて文章を書く仕事です。

明確に定義されていませんが、ざっくりとWebライターを分けるとこちらのような種類になります。

  • SEOライター
  • コピーライター
  • セールスライター
  • 取材ライター
  • PRライター

大手クラウドソーシングサービスに多いのはSEOライターです。

SEOライターとはクライアントから依頼された記事を執筆して検索で上位表示させるライターのことです。

多くの場合、上記したようにアフィリエイターさんや企業の依頼を受けて記事を執筆する仕事です。

SEOライティングの場合は個人ブログ記事や企業案件がメインです。

特に企業案件はマニュアルがしっかりしている場合が多く、未経験者でも比較的取り組みやすい仕事と言えます。

注意しないといけないことが

 書くことは手段であり、目的ではない。

ということです。

Webライターは書くことが目的ではない。

クラウドソーシングで多い案件はSEO関連

Webライターは「文章を書く仕事」と誤解されがちですが、記事執筆はあくまで手段です。

Webライターの役割はこちらの通り。

  • 独自性の高い良質な記事を執筆をすることで
  • 検索上位に表示する手助けをして
  • 読者にサービスの利用を促す
わい

文章を書くだけなら誰でも出来ますよね。

とはいえ未経験の人がSEOを意識して執筆することは難しいですよね。

企業案件はマニュアルがしっかりしている場合が多いので、マニュアル通りに書けば大丈夫です。

未経験Webライターでも大丈夫です。

未経験や初心者の方はこちらの悩みを持つと思います。

SEOなんて分からないよ。無理。。。

多くのクライアントは独自の執筆ガイドラインを持っています。

お仕事を開始する際は、それを共有してもらえるので、それに沿って記事を書けば概ねOKです。

ただし地雷案件には注意してくださいね。

Webライターを始めるための準備

prepare-for-work

未経験の方は必ずクラウドソーシングに登録してください。

Webライターになる方法は簡単で、クラウドソーシングに登録するだけでOKです。

なんだよ禅問答かよ

と思う方も居ると思いますが、クラウドソーシングに登録しないと本当に何も始まりません。

基本的にWebライターとして活動するにはクラウドソーシングの登録は必須。

手数料が発生する代わりに代金の回収は確実にしてくれるので、副業で始める方には特におすすめします。

こちらに有名なクラウドソーシングをいくつかピックアップしてみました。

Webライターにおすすめのクラウドソーシング

それぞれクライアントの雰囲気が微妙に違うので、全て登録して自分と合う場所を主戦場にするのが良いです。

無料なので全て登録しよう

Webライターにはパソコンが必要です

作業の話しをすると、Webライターは文字を打つ仕事です。

文字打ちにはキーボード(パソコン)が一番適しています。

もちろんタブレットやスマホでも書くことは可能ですが、本格的にライターをしようと思うのであればパソコンが必要です。

現時点でキータイピングに勝るものはありません。

フリック入力は辛かった

興味本位でiPhoneを使ってライティングをした事があります。

純粋に親指が痛くなりました。

フリック入力は腱鞘炎になりますね。

フリーアドレスを準備

クライアントと連絡を取るためにフリーアドレスを取得しましょう。

メールはgoogleが提供するGmailで十分です。

本アドレスでも大丈夫ですが、クライアントからの連絡が混ざって見逃しては大変なので新規に作る方がいいです。

銀行口座を開設

銀行口座はマストではありませんが、あれば便利です。

Webライターとして活動していくと報酬が発生しますよね。

報酬の入金用に使うと月間の稼ぎが正確に分かるので便利です。

楽天銀行がおすすめ

Webライターに絶対相性がいいのは楽天銀行

報酬の振込手数料が圧倒的に安いからです。

なんと100円。

他行振込だと500円かかるので5分の1。

1か月に1回振込をされるとして、1年で4,800円。

ランサーズとクラウドワークス両方だとその倍なので9,600円の差が発生します。

文字単価1円案件1万文字に相当する金額の節約になります。

楽天銀行の口座を持っていないなら、無料なので今すぐ作ってください。

楽天銀行の口座を持たないのは1年で1万円損するようなものです。

Webライターは稼げるか

how-to-study

Webライターは稼げます。

正しい手順を踏めば稼ぐことができます。

9割の人が3ヶ月以内に諦めるらしいので、継続が大事。

継続していると勝手にライバルが脱落していくので、自動で勝てます。

僕はWEBライターは継続が全てだと思っています。

月1万円稼げるまでにどれくらいかかるか

ちなみに僕が1万円稼げるようになったのはライターを初めてから1年後です。

まともに収益が上がっているライターさんの中では、たぶんかなり遅い方です。

ブロガーになろうとしたり、別のことに手を出して遠回りしました。

今となっては、ストレートにWebライター1本で走ったら3ヶ月位で行けたのではと思います。

Webライター収入の相場

checking-the-chart

Webライターの収入は文字単価で大きく左右されます。

同じ1万円を稼ぐとしても1文字あたりの単価の違いで労力はかなり違うからです。

  • 文字単価0.5円だと2万文字
  • 文字単価1円だと1万文字

単価が0.5円違うだけで収入はかなり変わってきます。

書きまくれば単価なんて関係ねーや

と思ってませんか?

同じ労力で単価が半分って結構辛いですよ。

平均文字単価は1円くらい

肌感覚としてWebライターの平均文字単価は1~1.5円程度ではと思っています。

クラウドワークスの案件を俯瞰すると、

仕事に対しての文字単価はざっくりこのような感じです。

  • 完全な素人:0.9円以下
  • 少し経験のあるライター:1円
  • SEOの知識があれば:1.5円~2円
  • SEO+専門知識:3円以上

一番募集が多かったのは1円の案件でした。

3円以上は不動産など専門知識が必要になるケースが多いです。

文字単価1円案件を狙いましょう

未経験のWEBライターが文字単価1円以上の案件に応募しても基本的に相手してくれません。

とはいえワンチャンスあるのが文字単価1円の案件です。

0.5円などの低単価案件で実績を積むのがセオリーですが、提案分を送りまくれば1件くらいは返事がくる可能性があります

  • 提案分を送らなければ契約は0%
  • 1件でも応募すれば1%に上がります。

ダメ元で狙ってみましょう。

初心者Webライターが案件受注するための唯一の方法

checking-list

未経験や初心者のWebライターでお仕事をいただく唯一の方法は案件に応募することです。

禅問答のような答えですが、本当にこれしか正解がありません。

Webライターは営業しまっくて初めてお仕事をいただける仕事です。

断言しますが、待っていても仕事は来ません。

唯一の方法は実績をつくること

案件に応募して採用してもらうには「こいつ使えるな」と思ってもらうしかありません。

実績を作るのがWebライターで稼ぐための近道です。

実績の作り方①ブログを作る

ライターを始めた頃は実績が0の状態ですよね。

どの業界でも、実績のない人間は相手をされません。

ブログは有力なポートフォリオになります。

ブログはWordPress一択

ブログと言っても無料ブログではダメです。

WordPressと言うツールを使ってブログを開設してください。

なぜなら世の中の多くの企業サイトがWordPressを使っているからです。

WordPressを使えると入稿作業などで追加料金をいただける可能性もあります。

ちなみに、ブログ立ち上げはエックスサーバーからだと手間なく簡単にできます。

このブログもエックスサーバーで運用しています。

まずはブログを開設しましょう。

ブログはワードプレス一択

わい

ちなみにアフィリエイトリンクを貼るとブログの収益化ができます!

【登録無料】おすすめアフィリエイト【解約も無料】

無料なので全て登録しましょう。

実績の作り方②初心者でもできる仕事に応募する

どの業界にも当てはまりますが、未経験者が良い仕事を取ることは難しいです。

偶然いい案件を取れたとして続かないでしょう。

まずは実績を積むために初心者でもできる仕事に応募しましょう。

数をこなせばライティングスキルも身につきます。

最初から高単価案件は無理です

クラウドソーシングには文字単価2円や3円などの高単価案件もあります。

高単価案件はSEOの知識や基礎的なライティング能力は常識として、さらに専門知識が求められます。

初心者のうちは不可能だと考えてください。

まず相手にされません。

Webライターの魅力

surprise

Webライターの魅力はこちらの3点に尽きるのではないでしょうか。

  • どこでも稼げる
  • いつでも稼げる
  • 収入が青天井

順番に解説していきます。

どこでも仕事ができる

WEBライターはどこでも仕事ができます。

  • 仕事終わりに家でするのもよし
  • ゆったりカフェで仕事するのもよし

パソコンがあればどこでも仕事ができるのがWebライターの強み。

副業でもアルバイトなら通勤が発生しますよね。

WEBライターならその時間も稼ぐことができます。

わい

ちなみに僕はセキュリティが不安なので、外で作業はしません。

カフェの仕事は憧れですが、誰がどこから覗いているのか分かりません。

万が一、大事な仕事の情報をライバル企業に漏らせば大問題になります。

仕事場所は自宅がおすすめ。

いつでも仕事ができる

Webライターはいつでも稼げるのが魅力です。

副業の人でも、意識の高い人はこちらのようなルーチンを送っています。

  • 早起きして出社前に1時間執筆
  • 休憩時間中にリサーチ
  • 帰宅後に2時間執筆

帰宅してYouTubeを観る時間は無くなりますが、家でその時間を稼ぐ時間に当てることができます。

普通の人はそこまでする必要はありませんが、早起きしたり、仕事終わりに頑張るなど工夫をすることで家で稼ぐことが可能

毎日2時間ほど使うだけで、それがお金に変わります。

Webライターは換金性が高いのが魅力

働き次第でたくさん稼げる

Webライターは労働型収入なので働いた分だけ稼げます。

空き時間をライター業につぎ込むことで本業以上に稼いでいるライターさんもいらっしゃいます。

ただし多くの方は、そこまで求めていないと思いますので、空き時間を有効に使い、毎月1万円を稼げるように頑張りましょう。

Webライターの辛いところ

sad-girl

Webライターはアルバイトの時給労働とは違います。

成果を出して報酬をもらうスタイルです。

成果を出すには努力が必要。

その点を踏まえて解説します。

働かないと収入が無い

Webライターの収入モデルは労働型です。

サラリーマンと同じように、働かないと稼げません。

怪我や病気で執筆活動を停止すると、収入が即0円になります。

さらに Webライターの辛いところは、クライアントに一瞬で切られる可能性があるところ。

Webライターとクライアントの関係はあくまで「業務契約」だからです。

書き手はたくさんいる世界なので「ダメだなこいつ」と思われると終了ということです。

稼げるまで少し時間がかかる

副業だとしても、Webライターは個人事業主。

クライアントに「自分は何ができるのか」「自分は何が得意なのか」をアピールする必要があります。

アルバイトの応募とはわけが違います。

最初からいきなり稼ぐのは難しいと思っておきましょう。

Webライターの勉強方法

reading-book

読書で知識を得る

Webライターに読書は欠かせません。

特に文章の書き方に関する本は1冊読んでおいた方がいいです。

ちなみに、「沈黙のWebライティング」は超おすすめ。

Webライターで稼いでいる人は皆読んでいるといっても過言ではない入門書です。

ライティング方法を勉強する

Webライターにおいて執筆は一番大事な部分です。

仮に書けないと仕事を受注しても進めることができません。

ただし初心者のうちは仕事の受注は難しいと思います。

まずはブログを開設して毎日文字に触れる努力をしましょう。

専門知識の勉強は大切

Webライターに必要なことはライティング能力は前提として、得意分野を持つことです。

「何でもできます」は「何もできません」と同義

Webライター業をしていると、どこかで必ずこの言葉を目にします。

例えば筋トレ案件の募集に対してこの2名が応募してきたとします。

  • 筋トレ歴10年、大会出場経験があります。筋トレのことなら任せてください!
  • 筋トレ最近始めました。ラーメンも好きです。趣味はカメラ撮影です!

どちらを選びますか?

専門知識が無ければ勉強しましょう

知識が無ければ勉強すれば大丈夫です。

資格を持つぐらい真剣に勉強するとすごいですが、普通はそこまでできません。

知識は読書で身につきます。

ちなみに、僕のおすすめはこの2つ。

Kindle Unlimited (初回30日無料、解約はいつでもOK)

本の要約flier(フライヤー)(7日間無料読み放題)

読書の知識をもとにして、ブログでポートフォリオを作れば強いですね。

最初はやらなくていいこと

sending-email

開業届は不要です

副業Webライターは開業する必要はありません。

法人の方が信用度は上がりますが、副業でWEBライターをする限りは開業届は不要です。

ほとんどの副業WEBライターは個人で仕事を受注していますし、それで月間数十万円稼いでいる人も居ます。

わい

法人化は本質ではないです。

ただし、副業収入が年間20万円を超えると、確定申告の必要があります。そこは注意してください。

名刺はいりません

副業Webライターに名刺は不要です。

受注案件によってはクライアントとWeb会議をする場合がありますが、名刺を要求されたことは一度もありません

本業でもWeb会議をよくしますが、名刺の必要性は全くありませんでした。

余談ですが今後名刺は無くなっていくのではと思っています。

高額なスクールへの入学

世の中には初心者を喰いものにする悪徳コンサルが存在します。

僕はライティングの師匠から奥義を押してもらい半年で月収1000万円を達成しました。
その奥義を特別にあなただけに30万円で教えましょう!

ライター初心者から高額なコンサル費用を巻き上げる悪魔。

特にSNSを運用しているとこういう類の輩がたまに湧いてきます。

もちろん有益なスクールやオンラインサロン、セミナーは存在します。

ただし一貫して言えるのは楽して金儲けすることは不可能ということです。

困っている時は判断が鈍る

・案件が受からない
・脱サラしてどうしても稼がないといけない

と言った焦りがある時に、こういう悪徳コンサルにつかまりやすいです。

困っている時は判断能力が鈍りますよね。

助けが欲しいですよね。

ただし焦りは禁物です。

  • 本当に必要なサービスなのか
  • これに高額を支払って大丈夫なのか

一晩寝て熟考しましょう。

楽に稼げる系は要注意

まとめ

Webライターは誰でもなれますが、稼げるまでに少し時間が必要です。

稼げるようになると収入は青天井。

副収入5万円も夢ではありません。

毎月5万円、年間60万円収入が増えると世界が変わりますよ。

Webライターで5万円を稼ぐことは、正社員で給料を5万円上げるよりも簡単です。

Webライターはノーリスクで挑戦できる副業。

挑戦して損はありません。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる