日本人のためのワーキングホリデー完全ガイド:行ける国と注意点を徹底解説

ワーキングホリデーは、若者が海外で生活しながら働くことができる貴重な機会です。異文化体験や語学力向上、人脈の拡大など、様々なメリットがあります。本記事では、日本人がワーキングホリデーに行ける国を全て挙げ、それぞれの国でワーキングホリデーをする際の注意点を比較表を使って解説します。

目次

日本人がワーキングホリデーできる国一覧

  1. オーストラリア
  2. ニュージーランド
  3. カナダ
  4. イギリス
  5. アイルランド
  6. ドイツ
  7. フランス
  8. 韓国
  9. 台湾
  10. 香港
  11. デンマーク
  12. ノルウェー
  13. ポーランド
  14. ポルトガル
  15. スロバキア
  16. オーストリア
  17. ハンガリー
  18. チェコ
  19. アイスランド
  20. リトアニア
  21. エストニア
  22. スペイン

ワーキングホリデー注意点の比較表

国名年齢制限ビザ申請費用滞在可能期間注意点
オーストラリア18-30歳約450 AUD最長1年医療保険加入が必須。ファームステイが人気。
ニュージーランド18-30歳約280 NZD最長1年農業や観光業での仕事が多い。医療保険加入が推奨。
カナダ18-30歳約250 CAD最長1年ワーホリビザ申請に抽選がある。医療保険必須。
イギリス18-30歳約244 GBP最長2年資金証明が必要。NHS(国民保健サービス)に登録。
アイルランド18-30歳無料最長1年銀行口座開設が必要。住居探しが重要。
ドイツ18-30歳無料最長1年申請時に渡航理由を具体的に説明。保険加入必須。
フランス18-30歳無料最長1年フランス語の基礎知識があると有利。医療保険必須。
韓国18-30歳約50 USD最長1年初期費用が必要。韓国語の基礎知識があると有利。
台湾18-30歳無料最長1年ビザ申請時に残高証明が必要。医療保険加入が推奨。
香港18-30歳無料最長1年資金証明が必要。住居探しが重要。
デンマーク18-30歳無料最長1年資金証明が必要。医療保険加入が必須。
ノルウェー18-30歳無料最長1年資金証明が必要。高い生活費に注意。
ポーランド18-30歳無料最長1年資金証明が必要。英語が通じにくい場所も。
ポルトガル18-30歳無料最長1年医療保険加入が必須。ポルトガル語の基礎知識が有利。
スロバキア18-30歳無料最長1年資金証明が必要。英語が通じにくい場所も。
オーストリア18-30歳無料最長1年資金証明が必要。ドイツ語の基礎知識が有利。
ハンガリー18-30歳無料最長1年資金証明が必要。英語が通じにくい場所も。
チェコ18-30歳無料最長1年資金証明が必要。チェコ語の基礎知識が有利。
アイスランド18-30歳無料最長1年資金証明が必要。高い生活費に注意。
リトアニア18-30歳無料最長1年資金証明が必要。英語が通じにくい場所も。
エストニア18-30歳無料最長1年資金証明が必要。英語が通じにくい場所も。
スペイン18-30歳無料最長1年医療保険加入が必須。スペイン語の基礎知識が有利。

各国のワーキングホリデー注意点

オーストラリア

オーストラリアは、ワーキングホリデーの代表的な国です。滞在中の医療保険加入が必須であり、ファームステイやカフェなどで働く機会が多いです。仕事探しは早めに行い、治安や生活環境に注意しましょう。

ニュージーランド

ニュージーランドでは、農業や観光業での仕事が人気です。医療保険への加入が推奨されており、自然豊かな環境での生活を楽しむことができます。季節によって仕事の内容が変わることがありますので、事前にリサーチしておきましょう。

カナダ

カナダは、抽選制のワーキングホリデービザを採用しています。医療保険加入が必須であり、大都市から自然豊かな地域まで様々な環境での仕事が可能です。英語やフランス語のスキルが求められることが多いです。

イギリス

イギリスでは、2年間の滞在が可能です。ビザ申請時に資金証明が必要であり、NHS(国民保健サービス)に登録する必要があります。生活費が高いので、初期費用を十分に準備しておきましょう。

アイルランド

アイルランドのワーキングホリデーは無料で申請できますが、銀行口座の開設が必要です。住居探しが重要となり、英語力が求められます。文化や歴史に触れながら生活できる魅力的な環境です。

ドイツ

ドイツでは、渡航理由を具体的に説明する必要があります。医療保険加入が必須で、ドイツ語の基礎知識があると仕事探しがスムーズに進みます。交通機関が発達しているため、移動が便利です。

フランス

フランスでは、フランス語の基礎知識があると有利です。医療保険加入が必須であり、文化や美食を楽しむことができます。都市部と地方では生活スタイルが異なるため、どこに住むかを考慮しましょう。

韓国

韓国では、ビザ申請時に初期費用が必要です。韓国語の基礎知識があると有利で、都市部での生活が中心となります。食文化やエンターテイメントを楽しむことができる環境です。

台湾

台湾のワーキングホリデーは、ビザ申請時に残高証明が必要です。医療保険への加入が推奨され、フレンドリーな文化に触れながら生活できます。中国語の基礎知識があると仕事探しが楽になります。

香港

香港では、資金証明が必要です。住居探しが重要で、医療保険への加入が推奨されます。多文化が融合した都市で、国際的な環境で働くことができます。

デンマーク

デンマークのワーキングホリデーは、資金証明が必要です。医療保険加入が必須で、生活費が高いことに注意が必要です。環境や福祉が整った国で、安心して生活できます。

ノルウェー

ノルウェーでは、資金証明が必要です。医療保険加入が必須であり、生活費が高いため、初期費用を十分に準備しましょう。自然豊かな環境で、アウトドア活動を楽しむことができます。

ポーランド

ポーランドのワーキングホリデーは、資金証明が必要です。英語が通じにくい場所もあるため、ポーランド語の基礎知識があると有利です。歴史的な街並みと豊かな文化に触れることができます。

ポルトガル

ポルトガルでは、医療保険加入が必須です。ポルトガル語の基礎知識があると仕事探しがスムーズに進みます。温暖な気候と美しい海岸線が魅力です。

スロバキア

スロバキアのワーキングホリデーは、資金証明が必要です。英語が通じにくい場所もあるため、スロバキア語の基礎知識があると有利です。自然と歴史が融合した環境で生活できます。

オーストリア

オーストリアでは、資金証明が必要です。ドイツ語の基礎知識があると仕事探しが楽になります。美しい山々と音楽文化が魅力です。

ハンガリー

ハンガリーのワーキングホリデーは、資金証明が必要です。英語が通じにくい場所もあるため、ハンガリー語の基礎知識があると有利です。温泉や歴史的な街並みが楽しめます。

チェコ

チェコでは、資金証明が必要です。チェコ語の基礎知識があると仕事探しがスムーズに進みます。中世の雰囲気が残る街並みが魅力です。

アイスランド

アイスランドのワーキングホリデーは、資金証明が必要です。医療保険加入が必須で、生活費が高いことに注意が必要です。自然現象やアウトドア活動が楽しめます。

リトアニア

リトアニアでは、資金証明が必要です。英語が通じにくい場所もあるため、リトアニア語の基礎知識があると有利です。バルト海沿岸の美しい風景が魅力です。

エストニア

エストニアのワーキングホリデーは、資金証明が必要です。英語が通じにくい場所もあるため、エストニア語の基礎知識があると有利です。IT先進国としての一面も魅力です。

スペイン

スペインでは、医療保険加入が必須です。スペイン語の基礎知識があると仕事探しがスムーズに進みます。陽気な文化と美食が楽しめます。

まとめ

ワーキングホリデーは、異文化体験や語学力向上、人脈の拡大など、様々なメリットがあります。行き先によって必要な準備や注意点が異なるため、自分に合った国を選び、十分な準備をして渡航することが重要です。各国の特徴や注意点を理解し、充実したワーキングホリデー生活を送りましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次